カードローン比較サイトから自分に合ったカードローンを探す方法


カードローン比較サイトから自分に合ったカードローンを探す方法

総量規制に引っかからない銀行ローンの利用

消費者金融やクレジット会社は貸金業者に分類され、貸金業法の規制を受けます。現在の貸金業法には総量規制というシステムがあり、年収の3分の1までしか借りられないことになっています。個人の借入金残高は信用情報機関に記録され、貸金業者はいつでも照会することができます。借入金の合計が上限に達していたら、別の貸金業者に申し込んでも借入を受けられません。
しかし銀行は貸金業者ではないので、総量規制の枠には入りません。したがって銀行ローンは、借入金の合計が年収の3分の1を超えていても利用できることになります。銀行ローンの代表的なものには、住宅ローンや自動車ローンがあります。また近年では消費者金融と同じように、使い途が自由な銀行カードローンも普及しています。
総量規制の実施以降、経営の苦しくなった消費者金融業者の中には、銀行の傘下に入って再出発するところが出てきました。また銀行側でも、小口ローンのビジネスを拡大したいという意向があり、積極的に消費者金融との提携を進めました。その結果、現在では従来の消費者金融と変わらない便利さで、銀行の総量規制と言われているものではない融資のローンを利用できるようになっています。
とはいえ銀行ローンには独自の審査があるので、無制限に借りられるわけではありません。審査に通るには、確実な返済の見込みが必要です。複数のローンを一本化する「おまとめローン」などは、借入金残高が多くても利用できる銀行ローンのひとつです。


Comments are closed.